自動車を運転していると、「クルマを利用したままで直ぐ融資可能」という立て看板や広告が目に付くことも多いはずです。これらの宣伝は、車を担保として融資するお知らせであることが多いでしょう。車担保融資と呼ばれる言葉は、聞いたことがあっても、実は、どういうキャッシングの仕方なのかそれほど分かっていない人も多いはずです。車担保融資とは、それだけ世の中に浸透していないキャッシング方法ともいえると思います。車担保融資では、クルマを担保にすることで、愛車の現時点の評価額を出し、その価格の査定枠の中でキャッシングを原則行うようです。一般の車買取専門業者での査定と同じように、古い車や改造車であったりすると、査定額が低くなってしまうことがありますので自動車を担保として融資を受ける時には覚えているといいかもしれません。車担保融資は、「車」という形があるのものを抑える方法ですので、銀行などでローンができなくなった人でも直ぐに査定上限内でのローンを行えるはずです。また、銀行や金融業者でのローンキャッシングには多種多様な手順や厳しい審査などがありますが、車という担保を使い行うローンですから、そうしたものが必要ないということもあります。最近では、車を返済に行き詰った際の保険にしてキャッシングローンを受けても、クルマを今までと変わらなく保持して運転することが出来る車を使った担保融資も増えてきているようです。しかし、この融資方法の欠点としては、自動車の評価額にローンキャッシングの上限額も左右されますから、乗っているクルマによって、自分が志願する限度額のキャッシングを受けられないということもあると聞きます。車を担保としますから、もし返済自体が遅れてしまった場合は、即座に愛車を明け渡さなければならないというのも、弱点といえるかもしれません。愛車が生活で欠かせないものである地域では、自動車を、返済に行き詰った際の保険にする融資の方法は、かなり危険性が大きいといえると思います。